読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北の陰に隠れる中国

さー毎週毎週、北の将軍様は話題を提供してくれます。

日曜日に新型と思われるミサイルが発射され、やりたい放題。

いくら北朝鮮が見掛け倒しの国だとしても、日々技術は蓄積されています。

確かに、北朝鮮に軍事攻撃をすれば、韓国人が多大なる被害が

出るのかもしれませんが、これ以上改善するとは思えません。

ソウルが火の海になっても、今こそ北朝鮮石器時代にまで

破壊する時ではないでしょうか。

このまま北朝鮮の軍拡が進めば、日本の防衛費は際限なく上がることになります。

結果として、日本人が負担する税金が増えることになります。

北朝鮮の子守役の中国はどうも中途半端だし、

韓国の新大統領は北朝鮮とどうこうする前に韓国国内を

統治できるかわからない。

いつまでもミサイルの脅威に晒されて生きてゆくのは嫌です。

極東アジアの閉塞感を何とかするには、戦争しかありません。

それから、どさくさに紛れて連日、尖閣諸島には中国の船が

押し寄せています。

日本の本当の敵は中国です。

北朝鮮や韓国は取るに足らない連中であり、こんな小物に時間を割いている間に

中国は着々と日本侵略を足場固めをしています。

左翼の売国奴は、安倍総理が危機を煽っているとレッテルを貼って

国民を惑わせていますが、本当に危機が迫っていることを

全ての国民が共有しなければなりません。