読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医師による入れ墨?

http://news.ameba.jp/20170426-664/

入れ墨彫師が無罪主張=医師法で初の正式公判−大阪地裁

2017年04月26日 16時24分

 医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)の施術をしたとして、医師法違反罪に問われた大阪府吹田市の彫師増田太輝被告(29)の初公判が26日、大阪地裁(小倉哲浩裁判長)であった。同被告は「犯罪とされることは納得できない。タトゥーはアートだと信じている」と述べ、無罪を主張した。

 弁護団によると、タトゥーをめぐり医師法違反罪で正式な公判が開かれたのは初めて。増田被告は2015年9月、罰金30万円の略式命令を受けたが従わず、裁判を申し立てていた。

 検察側は冒頭陳述で、針を皮膚に突き刺して色素を沈着させる行為は、細菌に感染したり血管を傷つけたりする危険がある医療行為だと指摘。同様に針で眉などに色素を入れるアートメークで苦情が寄せられていると述べた。

 弁護団は「タトゥーは危険ではなく、医療行為ではない」と反論。彫師に医師免許を要求することは、憲法で保障された表現の自由職業選択の自由、タトゥーを入れたい人の自己決定権を侵害すると主張した。 【時事通信社

引用終わり

 大阪は入れ墨の聖地なのですかね。あまり見かけないのですが。私が想像する入れ墨とは背中一面に彫られた、まさに『アート』です。

 若いときに公衆浴場に行き『アート』を見たことがあります。40代だろうと思われる人は『鯉に乗った金太郎』でした。刺青という文字がなるほどと思うくらいにきれいなものでした。70代だろうと思われる『アート』も見ましたが、それはしわしわで威勢が良くありませんでした。『アート』は見る時代があることを知りました。

 旬の『アート』は目が吸い付けられるくらい美しい。

 今回の裁判では、彫り師を問題にしたようです。これって伝統芸能ではないのですね。

 とにかく、裁判が始まったばかりです。これ面白そうですね。裁判を見に行くかなあ。検察が勝利すると、今後、彫り師は廃業。専門の医師が彫ってくれるということになりますか?

 形成外科だろうなあ

 「先生。いっちょ、威勢の良いの彫ってくれ!」

 「あいよ。んじゃ、竜虎にするかい?」

 「おう。それで頼むわ」

なんてことになるのでしょうか。また、広告に入れることができますね。

きれいな『アート』をTVで抜いておいて、

♪タカスッ。クリニッ♪

とか、

ほんの少しの勇気を出してください。 これはローカル

こんな世界になるのでしょうか?