読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理論

 チュウガッコウになるとショウガッコウほどガッコウから連絡は来ないし、主な情報源であるピィも全てを把握しているわけでもなく。そもそもそういう情報収集をせっせとするタイプじゃないのが困る。

「ただいまー」

 予定より1時間ほど遅れての帰宅は、やはり心配の対象ですよ。

「いいんかい だったの。しんぱい しすぎ ですよ!」

 お年頃なので、干渉がうざいらしいざます。

「心配はともかくな。鍵持っていない君のために、帰ってくる時間帯は、用事入れないようにとかあるんだよ! ぶっちゃけ、例えウンコでトイレにこもりたくても、我慢してんだよ! それが1時間続くんだよ。わかってくれたまえ。」

「それは だめですね」

 納得してくれたようで何よりです。シシュンキの子と話し合いは有効です。

■今日のホウ・レン・ソウ■-----

「ということで、時間については大事なのよー。共同生活を送っているのだから、予定や時間についての連絡は大事」

「それは わかります」

「ウンコも健康のために大事」

「そうですね」

 玄関チャイムが聞こえにくくなるから掃除機かけないとかさー、おだいどころのお仕事もその時間帯は気にしながら行うとかさー。

 年間予定表はあるんですが、どれがどう関係してくるのか、まだ子も親も把握してないのさ……先日は逆に、こちらが見ていた時間より30分ほど早くてな。こちらの帰宅を早めておいてよかった……。

 そろそろ鍵を常に渡しておいたほうがいいのかなあ。でもあの持ち物管理の様子見ているとなあ。