読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顧客の新入社員の女性に

昨日の午後、女性の上司に連れらて、会社のお客さんのところへ、行ってきました。

会議室に通されて、お客さんの打ち合わせのメンバーが入ってきた時でした。

「すみません、新入社員の里見が、これからメンバーに加わりますので、よろしくお願いします」

とお客さんの男性のひとりから彼女を紹介されました。

私は・・・一瞬で・・・胸がドキドキ・・・しました。

「まだ、入ったばかりの新人ですが、みなさん、よろしくお願いします」

舌足らずのしゃべり方と、あどけない笑顔に、私は・・・。

その後の打ち合わせは、もう、もう、上の空で・・・、ずっと彼女の顔をながめていました。

お客さんの会社のビルから出た所で、女性の上司から、「新人さん、可愛かったね」と言われ、私は自分のことのようにうれしく思えました。

(次は、いつ会えるかしら)と、考えながら、私は帰社しました。